チーズの作り方

チーズの作り方は色々ありますが、フレッシュタイプのチーズや軟質チーズなどは、熟成期間が短いので、初心者でも簡単に作れます。牛乳やヨーグルトを使って作ることもできます。簡単な手作りチーズでも、一度成功すると嬉しいもので、慣れてくれば、軟質チーズやハードタイプなど、難度の高い物に挑戦すると良いでしょう。自分でチーズを作るのは難しくて特別な道具が必要だと思いがちですが、そんなことはありません。熟成期間の短いクリームチーズ、モッツアレラチーズなどのフレッシュタイプのチーズは、家庭でも簡単に作ることができます。非熟成タイプのモッツァレラチーズの作り方は、比較的簡単で、まず、道具を消毒して滅菌します。そして牛乳を温めて、ヨーグルトを加えます。次に乳酸発酵させ、レンネットを入れ、凝固させます。その後、カッティングに移り、水分を分離します。そして分離して浮いてきたホエーを排出し、40度の湯煎の中で2時間発酵させます。発酵完了の確認ができたら、カードを固まりにし、揉んでちぎり分けます。カードが冷えたら、食塩水に30分入れ、その後、ラップなどに包んでおき、1~2日間すれば塩味がなじみます。

コメントは受け付けていません。