ラクレットの食べ方

ラクレットと言うと、スイスの有名なチーズで、スイス料理によく使われています。チーズの切り口を温め、中がトロリとなったところを削ぎ、それを茹でたじゃがいもにつけて食べます。ヨーロッパでは、ラクレットを溶かし、ポテトにかけて食べるのが通常の食べ方になり、その時、テーブルには生ハムや、サラミソーセージ、ピクルスなどが並びます。ポテトにラクレットをかけると非常においしいです。日本では、アニメ、アルプスの少女ハイジの中で登場するチーズとして有名で、作中では暖炉にかざしてチーズを溶かしており、これこそが、ラクレットの本来の食べ方なのです。ラクレットの食べ方としては、そのまま食べても美味しいのですが、やはり、加熱するのが良く、より美味しくなります。スイス料理として食べるのがイチオシで、ホームパーティーにぴったりです。スイスでは、専用器具を使って、厚さ1cmほどにスライスしたラクレットをテーブルの上で溶かしながら、じゃがいもなどにつけて食べるのが普通です。ホットプレートで温めると、豊かな香りと美味しさが手軽に楽しむことがでますが、茹でたじゃがいもに直接載せてオーブンで焼いても美味しく頂けます。

コメントは受け付けていません。