シェーブルタイプのチーズについて

シェーブルタイプのチーズは、作りたてから完熟するまで、どの状態であっても、そのときどきのおいしさが楽しめるチーズで人気があります。黒い炭のついたもの、そのまま熟成させたもの、白カビを表皮に植え付けたものなど、色々な種類があり、種類によって熟成度合いが違います。シェーブルタイプのチーズは、山羊の乳で作られていて、組織はやわらかく、風味は山羊特有の強い個性があります。初心者にはややハードルが高いチーズですが、一度食べると、やみつきになる人も少なくありません。シェーブルタイプのチーズは、山羊のミルクで作られていることから、牛のミルクで作られたチーズよりもマイナーですが、ほんのりとした酸味と山羊独特の風味があるので、たくさんのファンがいます。熟成によって味わいが変化し、色んな味を楽しめるのがシェーブルタイプの魅力です。できたてのフレッシュなものであれば、ジャムやマーマレードをつけて食べても美味しく、果物との相性も非常に良いです。野菜と合わせて食べるときは、香辛料を加えてソースにすると美味しく頂けます。

コメントは受け付けていません。